漢方薬に関するご相談・お問合せはお気軽に

フリーダイヤル0120-49-0260

9時~18時(土曜日は16時まで)日・祝定休

漢方について 漢方について

本来、身体が持っている働きや
自然治癒力を高める
漢方薬のちから

漢方は、中国の伝統医学である「中医学」が日本の風土や日本人の体質に合わせて発展してできた、日本独自の伝統医療のひとつです。

天然物である生薬を2種類以上組み合わせて作られた薬のことを「漢方薬」と言います。「生薬」は、植物・動物・鉱物が原料となっており、原料から必要の無い成分を取り除いたり、潰したり、刻んだり、乾燥させたりして出来ています。

漢方薬の成分の多くは、植物の根や葉、動物などの天然素材なので、
化学合成が主流の西洋薬と比べると、漢方薬は一般的に副作用が少なく、
体に優しい効き目が穏やかな薬です。

漢方の
飲み方について

煎じ薬

生薬に含まれる有効成分を熱湯で煮出すことを「煎じる」と言い、煮出した薬汁を「煎じ薬」と言います

顆粒(エキス剤)

煎じ薬を調製し、その後水分を除去して得られるエキス粉末に、賦形剤を加え顆粒状にしたもの

散剤

生薬を粉砕し粉状にしたもの

丸剤

散剤に水分や蜜分を加え丸い粒状にしたもの

錠剤

抽出したエキスに賦形剤を加え、製した服用しやすい形

ヤブキ和漢薬局の
煎じ薬

漢方薬=煎じ薬 

本来、煎じ薬とは生薬を水で煮出して煎じた液のことを言います。
近年では手軽なエキス剤や錠剤が出てきておりますが、
これらは製品化する段階で成分が蒸発したり、賦形剤などの添加物が加えられるため、
煎じ薬と全く同じ成分ではない場合があります。
漢方は身体に優しく効き目が緩やかなため、慢性化した症状の改善には時間を要しますが、煎じ薬の服用で多くの方に改善が見られます。

当店は煎じ薬一筋に長年研究を重ね、日本人の食生活及び、
生活様式からおこる病気の治療に、日本で採れる生薬と外国から輸入された生薬を使って
処方する和漢薬の専門薬局を目指してまいりました。

煎じ薬を飲みたいけど...

  • 煎じる時間
    が無い

  • 煮出す時の匂い

    気になる

  • 毎日煮出すのが
    面倒!

  • 旅行、出張の時
    持ち運びたい

そんな悩みはすべて解消する煎じパックサービス そんな悩みはすべて解消する煎じパックサービス

ヤブキ和漢薬局の煎じパックサービス *大阪店のみ

「ヤブキ和漢薬局の煎じパックサービス」では、
お客様に代わって漢方薬を煎じ、無菌状態でパック包装しお届け致します。
煎じパック1回分毎にパッケージししており、持ち運びにも手軽です。

ヤブキ和漢薬局では漢方自動抽出器を導入しており、
お客様の症状に合わせて煎じております。
忙しくて煎じる時間の無い方や、匂いが気になって煎じる事が難しい方でも、
手軽に利用していただけますので、毎日欠かさず飲むことで治療効果も高く、症状の改善も早くなります。
毎日欠かさず飲むことで治癒までの時間も早くなります。

どうしても煎じ薬の味が苦手という方には、エキス剤や錠剤でお出しすることも可能です。
どんなことでもじっくり相談をお受けしますので遠慮なくご相談ください。

漢方薬抽出自動包装機のご紹介

漢方薬1ヶ月分を
100度で約1時間煎じ、
出来上がった煎じ薬は外気に触れることなく袋に100ml
ずつ密封します。

ご家庭で煎じることが難しい方やご希望の方には
お送りすることも可能です。
常温で2ヶ月、冷所で3ヶ月保存できます。

煎じ代金:1500円
煎じ薬:1日あたり500円
煎じ薬1ヶ月分(薬+パック):
16,500円
※大阪店のみのサービスとなります。

自宅で煎じる場合

  • 1.容器(出来れば土瓶)に煎じ薬1包と水500mlをに入れ、
    沸騰するまで中火で煎じます。
  • 2.沸騰したらフタをずらして弱火にし、水が約半分になるまで煎じます(約40分)。
  • 3.出来上がったら、熱い内に煎じ薬を取り出し、煎じ液を1日2~3回に分けて飲みます。

漢方薬は毎日続ける事が一番大切です。住宅事情により匂いが気になって、家で煎じ
られない方、煎じる時間がない方には
当店の自動抽出機で煎じてお届けしています。

漢方薬専門 ヤブキ和漢薬局 漢方薬専門 ヤブキ和漢薬局

大阪市東成区中本3-15-23

営業時間:9時~18時
(土曜日は16時まで)
定休日:日曜・祝日

フリーダイヤル0120-49-0260 フリーダイヤル0120-49-0260

メールにてお問い合わせ・ご予約 メールにてお問い合わせ・ご予約