漢方薬に関するご相談・お問合せはお気軽に

フリーダイヤル0120-49-0260

10時~18時(土曜日は16時まで)日・祝定休

漢方ブログ 漢方ブログ

春野菜で体の中からキレイに

2022.03.15


「春の皿には苦味を盛れ」という、ことわざをご存じですか?
老廃物がたまりやすい冬の体をリセットするために、苦味のある食べ物を摂り入れようという教えです。




春野菜の苦み成分で体をリセット




春が旬の野菜には独特の苦みを持つものが多いのですが、この苦み成分は「植物性アルカロイド」といわれるものです。腎臓のろ過機能を高め、新陳代謝を高める働きがあります。
これによって体内の老廃物や余分な水分の排出を促します。
冬は新陳代謝が低下して老廃物や余分な水分がたまりやすい状態になります。
※新陳代謝とは… 新しい細胞が作られ古い細胞と入れ変わること
こうした冬の体をリセットするために、春野菜の苦み成分が有効です。
また、老廃物をため込むと肌の老化も早まります。
春野菜には抗酸化作用のある「ポリフェノール」も多く含まれ、活性酸素を抑えて細胞の若返りを促す効果が期待できます。健康で若々しくいるためにも、苦みのある春野菜はオススメの食材なのです。


オススメの春野菜3選




菜の花
春を代表する緑黄色野菜のひとつです。
抗酸化作用のある「ビタミンC」が豊富に含みます。
また、免疫力を高める「βカロチン」や、
体内の塩分を排出する「カリウム」、
貧血予防に不可欠な「鉄分」なども多く、
風邪予防や美肌効果が期待できます。
たけのこ
体内の余分な水分の排出を助ける「カリウム」や、
腸内の老廃物を排出し便秘予防にも効果的な
「食物繊維」を多く含みます。
たけのこに含まれるカリウムはゆでても減りにくいのが特徴。
ゆでて柔らかくした後にお好みの調理方法でどうぞ。
ふきのとう
たけのこと同じく、カリウムと食物繊維を豊富に含みます。
ふきのとうはゆでると、ビタミンやミネラルなどの
栄養価が流れ出やすいので、調理は天ぷらがおすすめ。
天ぷらにすると苦味を抑えられるので食べやすく、栄養を効率よく摂ることができます。




漢方薬専門 ヤブキ和漢薬局 漢方薬専門 ヤブキ和漢薬局

大阪市東成区中本3-15-23

営業時間:10時~18時
(土曜日は16時まで)
定休日:日曜・祝日

フリーダイヤル0120-49-0260 フリーダイヤル0120-49-0260

メールにてお問い合わせ・ご予約 メールにてお問い合わせ・ご予約
ページトップに戻る
リピート注文