漢方薬に関するご相談・お問合せはお気軽に

フリーダイヤル0120-49-0260

10時~18時(土曜日は16時まで)日・祝定休

漢方ブログ 漢方ブログ

体を温める生姜

2021.12.08

季節の漢方コラム

冬になると温かい物で手っ取り早く温まりたいですよね 。体を温める食材といって真っ先に思いつくのは、 やっぱり「生姜」
漢方の生薬では「ショウキョウ」と読み、多くの処方に使われています。



「生」で食べる生姜の作用
解熱・殺菌効果があります。
解熱作用によって体の芯を冷やすので、 冷え性改善には逆効果となります。
風邪の引き始めや悪寒がする時には効果的です。

体を芯から温めたい場合は「生」で食べるより、 加熱・乾燥」した生姜を食べる方が効果的です。

生姜の主な成分
●ジンゲロール
1.殺菌作用や免疫力を高める作用
2.体の芯を冷やす解熱作用
3.頭痛や吐き気を抑える作用

●ショウガオール
1.脂肪や糖質の分解・燃焼を促進させ体を芯から温める作用
2.胃腸の消化吸収を促進する作用
3.抗酸化作用

「生」の生姜にはジンゲロールが多い
生の生姜は体を冷やすジンゲロールがほとんどで、 体を温めるショウガオールはあまり含まれていません。
「生」の生姜は冷え性の改善には不向きで、 冷え性を悪化させる恐れがあるので、 体を温めたい時には要注意です。

体を温めたいならショウガオール
生姜は加熱・乾燥させるとその成分が ジンゲロールからショウガオールに変化します。
「加熱・乾燥」させた生姜は「生」の生姜に比べて ショウガオールの量は約10倍にも増えるので、 体を芯から温めて冷え性を改善に効果的です。

生姜は体を温める効果があると広く知られてますが、 「生」の生姜が体の芯を冷やすということは、 あまり知られていないですよね
温活のために生姜を摂り入れるなら 「加熱・乾燥」をポイントに摂り入れてください。

 

 

 

漢方薬専門 ヤブキ和漢薬局 漢方薬専門 ヤブキ和漢薬局

大阪市東成区中本3-15-23

営業時間:10時~18時
(土曜日は16時まで)
定休日:日曜・祝日

フリーダイヤル0120-49-0260 フリーダイヤル0120-49-0260

メールにてお問い合わせ・ご予約 メールにてお問い合わせ・ご予約
ページトップに戻る
リピート注文