漢方薬に関するご相談・お問合せはお気軽に

フリーダイヤル0120-49-0260

10時~18時(土曜日は16時まで)日・祝定休

漢方ブログ 漢方ブログ

カラダ、だるくないですか!?

2021.09.22

季節の漢方コラム

「朝起きると体がだるい
「気圧の変化で体が重い。」
「最近、疲れが抜けない。」
そんな悩みを抱えていませんか。


そんな時は免疫力アップ・血流改善・自律神経バランス改善の「十全大補湯」がオススメです。漢方でいう「血」・「気」を補うことにより、内臓の働きを高め自己治癒力をアップします。


そしてお風呂にゆっくり入りましょう。



疲労回復に効果的な入浴法


・お湯の温度は3840度のぬるめ。体温プラス23度くらいがおすすめです。
・時間は15分お湯につかりましょう。15分続けて入れない方は23回に分けても大丈夫。
 たとえば、5分入浴⇒シャンプー⇒5分入浴⇒体を洗う⇒5分入浴  といった具合で少しづつ時間を延ばしていきましょう。
副交感神経を優位な状態にして心と体をリラックスします。



お風呂でなぜ疲れがとれるの?


疲れをとるには、体内の老廃物や疲労物質を排出し、体に栄養を補う必要があります。そのために欠かせないのが血液の流れをよくすることです。血流をよくするためには、体の深部の体温を上げなければなりません。高温では表面が熱くなるだけで深部は温まりません。ぬるめなお湯ならゆっくり浸かって、じんわりと深部体温を上げられます。
これが、ぬるめなお湯に1015分つかるのが疲れをとるのに有効な理由です。
入浴中に簡単なストレッチを取り入れれば、だるい、重い疲れをより解消できます。


体を温めること「温活」が疲労回復に効果的です。

 

漢方薬専門 ヤブキ和漢薬局 漢方薬専門 ヤブキ和漢薬局

大阪市東成区中本3-15-23

営業時間:10時~18時
(土曜日は16時まで)
定休日:日曜・祝日

フリーダイヤル0120-49-0260 フリーダイヤル0120-49-0260

メールにてお問い合わせ・ご予約 メールにてお問い合わせ・ご予約
ページトップに戻る
リピート注文