漢方薬に関するご相談・お問合せはお気軽に

フリーダイヤル0120-49-0260

10時~18時(土曜日は16時まで)日・祝定休

漢方ブログ 漢方ブログ

麦茶を飲みましょう

2022.09.05

季節の漢方コラム

実はスゴイ麦茶のパワーとは!? 子どもの頃から、夏と言えば、麦茶。

昔から当たり前のように飲んでいて、とくに何かに良いというイメージを持っていないかもしれませんが…
その歴史は古く、平安時代より貴族に愛飲されていたといわれています。
最近の研究では、麦茶にはさまざまな効能があるということがわかったのです。

そこで今日は「実はスゴイ麦茶!」の、うれしい健康効果についてお話します。

高血圧の予防をサポート!
麦茶に含まれるギャバ(GABA)は天然のアミノ酸で、ノルアドレナリンの過剰分泌を抑えて血圧の上昇を抑える作用があります。
また、100g中6mgと量は少ないですがカリウムも含まれているので、余分な塩分の排出にも役立ち、高血圧の予防に期待されています。

血液サラサラ効果
麦茶に含まれるアルキルピラジンという成分には、血液をかたまりにくくサラサラにする作用があります。

ストレスを和らげる
アルキルピラジンは麦茶の香ばしい香りの元ですが、麦茶の原材料である大麦を焙煎することで生まれます。その香りは癒し効果があり、ストレスを和らげるといわれています。

また、ギャバにもイライラを解消する働きがありますので、ダブルの効果でストレス解消に役立ちます。

抗酸化作用
麦茶に含まれるPクマル酸という成分には、活性酸素を除去して細胞を酸化から守る、抗酸化作用があります。

活性酸素が増えすぎるとシミやシワの原因となります。抗酸化作用は美肌・美容にうれしい作用をもたらしますが、実は、ガンや生活習慣病のリスクを減らす可能性も期待されています。

特に40代を過ぎると体内の活性酸素が急激に増えてくるので、抗酸化作用のあるものを摂取することはとても大事です。

体温を下げて熱中症を予防する
大麦には体を冷やす働きがあり、ほてった身体を冷やしてくれます。熱中症にとても効果的なので、麦茶は夏の飲み物として最適なんです。

ノンカフェインでいつでも飲める
麦茶は茶葉ではなく大麦を焙煎した抽出物でカフェインが含まれていません。そのため小さいお子さんにもとても飲ませやすいのです。大人でも就寝前に温かい麦茶を飲めば、麦茶の香ばしい香りに癒され、ストレスも緩和し、
質の高い睡眠が期待できるでしょう。

子どもの頃から何気なく飲んでいた麦茶には、夏の飲み物として選ばれている理由が盛りだくさん!!
真夏は麦茶を飲んで健やかに。猛暑を乗り切りましょう。

漢方薬専門 ヤブキ和漢薬局 漢方薬専門 ヤブキ和漢薬局

大阪市東成区中本3-15-23

営業時間:10時~18時
(土曜日は16時まで)
定休日:日曜・祝日

フリーダイヤル0120-49-0260 フリーダイヤル0120-49-0260

メールにてお問い合わせ・ご予約 メールにてお問い合わせ・ご予約
ページトップに戻る
リピート注文