漢方薬に関するご相談・お問合せはお気軽に

フリーダイヤル0120-49-0260

10時~18時(土曜日は16時まで)日・祝定休

漢方ブログ 漢方ブログ

冬のうちに花粉症対策

2022.02.22

季節の漢方コラム

2022年春のスギ・ヒノキ花粉シーズンが まもなく始まろうとしています。
花粉症の症状が出てから対策する方が多いと思いますが…
普段から予防につながる過ごし方ができているかが 体に大きく影響します。
花粉症も、事前の対策で発症を抑えることができるのです。

そのためには、まだ花粉が少ない今のうちに、 花粉症を発症しにくい体作りをしておく必要があります。


花粉症を防ぐ3つの習慣


①発酵食品を積極的に摂る
花粉症予防には、発酵食品を摂るのが有効だと 知られていますが、それには理由があります。
発酵食品は腸内の環境を良好にし、排泄機能を高めて、 免疫力のバランスを整えてくれるのです。
発酵食品に含まれる乳酸菌には、 腸内細菌のバランスを整えて便通をよくし、また、免疫の過剰反応を抑える働きもあるため、 花粉症の症状緩和に役立つのです。

②軽く汗をかく
そもそも花粉症とはアレルギー反応の一種で、 体の中に過度な熱がこもり、その熱を外に出そうとして、 鼻の粘膜が炎症を起こしたり、目が痒くなったりする ことをいいます。
そこで汗腺を緩めて、この熱を外に放出しやすくすると、 症状を抑えることができるといいます。

③胃腸を冷やさない
胃腸が弱ると栄養を十分に吸収・運搬できず 免疫力が落ちてしまいます。
花粉症などのアレルギーを予防するためには、まず胃腸をいたわり、免疫力を保つことが大切になります。

 

3つ全てを実践できなくても、 1つでも実行すれば花粉症を軽減できるといいます。
毎日少しづつ続けて、無理なく習慣にすることが大切です。
花粉シーズンが始まる前に、今から生活習慣を見直して、今年の春は花粉症に負けない体をめざしましょう

対策をしても花粉症にお悩みの方は、良く効く漢方薬がございますので、まずはご相談を。

漢方薬専門 ヤブキ和漢薬局 漢方薬専門 ヤブキ和漢薬局

大阪市東成区中本3-15-23

営業時間:10時~18時
(土曜日は16時まで)
定休日:日曜・祝日

フリーダイヤル0120-49-0260 フリーダイヤル0120-49-0260

メールにてお問い合わせ・ご予約 メールにてお問い合わせ・ご予約
ページトップに戻る
リピート注文